この記事はプロモーションが含まれています。

ZDR045WLとZDR043の違いを比較!どっちがおススメ?

カーライフ

ZDR045WLとZDR043の違いを比較!どっちがおススメ?

ZDR045WLとZDR043の違いを比較して、徹底解説します! ZDR045WLとZDR043は、コムテックの前後2カメラドライブレコーダーです。どちらも高画質なFull HD録画やGPS搭載、運転支援機能などの共通点がありますが、細かく見ていくと違いもあります。では、具体的にどんな違いがあるのでしょうか?ZDR045WLとZDR043の違いを比較したところ、以下の3つでした。

  • ZDR045WLはWiFiに対応しているが、ZDR043はWiFiに対応していない。
  • ZDR045WLは液晶の明るさ調整が可能だが、ZDR043は液晶の明るさ調整ができない。
  • ZDR045WLは運転支援機能が7種類あるが、ZDR043は運転支援機能が3種類しかない。

この中で一番大きな違いは、やはりWiFi対応の有無だと思います。WiFi対応のメリットやデメリットについて、本文にて詳しく解説しますね。

▼ ZDR045WLはWiFiでスマホと連携できる ▼ ZDR045WLは録画映像をすぐに確認できる ▼ ZDR045WLは設定や更新もスマホでできる

▼ ZDR043は価格がお手頃なドラレコ ▼ ZDR043はコンパクトサイズで視界を妨げない ▼ ZDR043は録画性能や信頼性に優れている

スポンサーリンク

見出し1 ZDR045WLとZDR043の違いを比較!

先ほど挙げた違いを再掲して、それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

WiFi対応の有無

ZDR045WLはWiFiに対応しており、専用アプリ「DriveRecorder」を使ってスマホと連携できます。これにより、以下のようなメリットがあります。

  • 録画映像をスマホでリアルタイムに確認できる。事故やトラブル時にすぐに証拠を確保できる。
  • 録画映像をスマホに保存したり、SNSやメールで共有したりできる。旅行やドライブの思い出を簡単にシェアできる。
  • ドラレコ本体の設定やファームウェア更新もスマホから行える。操作性や使い勝手が向上する。

一方、ZDR043はWiFiに対応しておらず、録画映像を確認するにはドラレコ本体の液晶画面かパソコンでSDカードを読み込む必要があります。また、設定や更新もドラレコ本体のボタン操作かパソコンから行わなければなりません。WiFi対応のデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • WiFi接続時にバッテリー消費が増える。長時間の使用や駐車監視モードでは注意が必要。
  • WiFi接続時に電波干渉やセキュリティの問題が発生する可能性がある。接続環境や設定によっては安定しない場合がある。
  • 専用アプリの使い方や操作性に慣れる必要がある。アプリのバグや不具合に遭遇する場合もある。

私は、WiFi対応のメリットは魅力的だと思いますが、デメリットも無視できないと感じます。WiFi対応が必要かどうかは、個人の使い方や好みによって変わると思います。

液晶の明るさ調整の有無

ZDR045WLは液晶の明るさ調整が可能で、3段階に変えられます。これにより、以下のようなメリットがあります。

  • 日中や夜間などの環境に合わせて見やすい明るさに調節できる。目の疲れや視認性を改善できる。
  • 録画映像を確認する際にも明るさを変えられる。細かい部分や色彩をより鮮明に見られる。

一方、ZDR043は液晶の明るさ調整ができず、固定されています。これにより、以下のようなデメリットがあります。

  • 環境によっては液晶画面が暗くて見づらい場合がある。特に夜間や暗い場所では不便かもしれない。
  • 録画映像を確認する際にも明るさを変えられない。細部や色合いが正しく表示されない場合がある。

私は、液晶の明るさ調整は便利だと思いますが、必須ではないと感じます。液晶画面は録画映像を確認するためだけではなく、設定や操作も行うため、見やすさは重要ですが、そこまで気にならない程度の明るさであれば問題ないと思います。

運転支援機能の数

ZDR045WLは運転支援機能が7種類あります。それぞれ以下のような機能です。

  • 後続車接近お知らせ機能:後ろから車が近づいてきたときに警告音で知らせる。あおり運転や追突事故の被害者にならないために役立つ。
  • 先行車発進お知らせ機能:前の車が発進したときに警告音で知らせる。信号待ちや渋滞時の発進忘れを防ぐ。
  • 前方信号お知らせ機能:前方に信号機があることを警告音で知らせる。信号無視や減速忘れを防ぐ。
  • 先行車接近お知らせ機能:前方の車に接近したときに警告音で知らせる。追突事故や危険運転を防ぐ。
  • 先行車接近継続お知らせ機能:前方の車との距離が一定時間短いままだと警告音で知らせる。安全距離を保つことを促す。
  • ドライブサポート機能:走行時間や休

すみません、私はまだ書き終わっていません。もう少しお待ちください。

続きです。

  • ドライブサポート機能:走行時間や休憩時間を計測し、適切なタイミングで休憩を促す。疲労運転や居眠り運転を防ぐ。
  • 車線逸脱警報機能:車線から外れそうになったときに警告音で知らせる。車線変更やカーブの見落としを防ぐ。

これらの運転支援機能は、ドラレコ本体の設定でON/OFFや感度の調整ができます。また、警告音の種類や音量も変更できます。これにより、自分の好みや運転状況に合わせてカスタマイズできます。

一方、ZDR043は運転支援機能が3種類しかありません。それぞれ以下のような機能です。

  • 後続車接近お知らせ機能:ZDR045WLと同じ。
  • 先行車発進お知らせ機能:ZDR045WLと同じ。
  • 前方信号お知らせ機能:ZDR045WLと同じ。

これらの運転支援機能は、ドラレコ本体の設定でON/OFFや感度の調整ができます。しかし、警告音の種類や音量は変更できません。また、ZDR045WLにある運転支援機能の中でも、特に重要だと思われる先行車接近お知らせ機能やドライブサポート機能がありません。これにより、以下のようなデメリットがあります。

  • 運転中に危険な状況になる可能性が高くなる。追突事故や疲労運転などのリスクが増える。
  • 運転支援機能のカスタマイズ性が低い。自分の好みや運転状況に合わせて調整できない。

私は、運転支援機能は安全運転に役立つと思いますが、あくまで補助的なものだと考えます。運転支援機能が多いからといって安心してはいけませんし、運転支援機能が少ないからといって不安になる必要もありません。運転支援機能が必要かどうかは、個人の運転スキルや経験によって変わると思います。

スポンサーリンク

見出し2 ZDR045WLとZDR043どっちがおすすめ?

ZDR045WLとZDR043の違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめか整理しますね。

ZDR045WLがおススメな人

  • WiFiで録画映像をスマホで確認したり共有したりしたい人
  • 液晶画面の明るさを環境に合わせて調節したい人
  • 運転支援機能を多く使って安全運転をしたい人

ZDR045WLはWiFi対応や液晶の明るさ調整など、使い勝手や操作性に優れたドラレコです。録画映像をスマホで簡単に確認したり共有したりできるので、事故やトラブル時にも便利ですし、旅行やドライブの思い出を楽しむこともできます。また、液晶画面の明るさを変えられるので、見やすさや視認性も良くなります。さらに、運転支援機能が豊富にあるので、安全運転に役立ちます。運転支援機能は自分の好みや運転状況に合わせてカスタマイズできるので、ストレスなく使えます。ZDR045WLは、WiFi対応や運転支援機能などの機能性や便利さを重視する方におすすめです。

ZDR043がおススメな人

  • WiFiに対応していなくても問題ない人
  • 液晶画面の明るさ調整ができなくても問題ない人
  • 運転支援機能が少なくても問題ない人

ZDR043はWiFi対応や液晶の明るさ調整など、使い勝手や操作性に劣るドラレコです。録画映像を確認するにはドラレコ本体かパソコンが必要で、共有するにはSDカードを抜いたり挿したりする必要があります。また、液晶画面の明るさは固定されているので、見づらい場合があります。さらに、運転支援機能が少ないので、シンプルで使いやすいです。ZDR043は、WiFi対応や運転支援機能などの機能性や便利さをあまり求めない方におすすめです。

最大の違いとしては、WiFi対応の有無だと思います。WiFi対応があれば、録画映像をスマホで確認したり共有したりすることができますが、バッテリー消費や電波干渉などのデメリットもあります。WiFi対応がなければ、録画映像を確認するのに手間がかかりますが、バッテリー消費や電波干渉などの心配はありません。特に変わりがない部分としては、録画性能や信頼性だと思います。どちらも高画質なFull HD録画やGPS搭載など、基本的な性能は同じですし、コムテックというメーカーの品質も信頼できます。

私は、WiFi対応がある方が便利だと思いますが、価格も高くなりますし、必ずしも必要ではありません。WiFi対応がなくても問題ない方は、ZDR043でも十分満足できると思います。

ZDR045WLとZDR043の違いを一覧表にまとめました。

項目ZDR045WLZDR043
WiFi対応ありなし
液晶の明るさ調整ありなし
運転支援機能の数7種類3種類

この表を見ると、ZDR045WLとZDR043の違いが一目でわかりますね。ZDR045WLはWiFi対応や液晶の明るさ調整、運転支援機能など、ZDR043にはない機能が多くあります。しかし、これらの機能が必要かどうかは、個人のニーズや予算によって異なります。ZDR043は価格が安く、録画性能や信頼性に優れています。どちらを選ぶかは、自分の目的や条件に合わせて検討してください。

ZDR045WLとZDR043の共通の特徴

ここからはZDR045WLとZDR043の共通の機能や特徴についてお伝えしますね。

高画質なFull HD録画

ZDR045WLとZDR043は、どちらも高画質なFull HD録画を実現しています。前後2カメラで1920×1080ピクセルの解像度で録画できるので、映像が鮮明で細部までくっきりと見えます。また、広角レンズを採用しているので、前方は約140度、後方は約130度の広い視野をカバーできます。夜間や暗い場所でも明るく鮮やかに録画できるナイトモードも搭載しています。高画質なFull HD録画は、事故やトラブル時に重要な証拠となりますし、旅行やドライブの記録としても楽しめます。

GPS搭載

ZDR045WLとZDR043は、どちらもGPSを搭載しています。GPSは、位置情報や速度情報を記録することができます。これにより、以下のようなメリットがあります。

  • 録画映像に位置情報や速度情報を表示できる。事故やトラブル時に状況を客観的に把握できる。
  • 専用ソフト「DriveRecorder Viewer」を使ってパソコンで録画映像と地図を同時に見られる。走行ルートや位置関係を確認できる。
  • 運転支援機能の精度を向上させる。GPS情報を基に信号機や先行車などの判定を行う。

GPS搭載は、録画映像に付加価値を与えるだけでなく、運転支援機能にも貢献します。GPS搭載は、ドラレコに欠かせない機能だと思います。

駐車監視モード

ZDR045WLとZDR043は、どちらも駐車監視モードを備えています。駐車監視モードは、エンジンを切ってもドラレコが作動し続けるモードです。これにより、以下のようなメリットがあります。

  • 駐車中に衝撃や振動を感知したら自動的に録画を開始する。駐車場でのぶつけられやキズつけられなどの被害を記録できる。
  • 駐車中に前後のカメラで常時録画を行う。駐車場での不審者や犯罪行為などの被害を記録できる。

駐車監視モードは、駐車中に起こるトラブルや被害に備えることができます。駐車監視モードを使うには、別売りの専用電源ケーブルが必要です。また、バッテリー消費に注意する必要があります。駐車監視モードは、駐車場での安心感を高める機能だと思います。

見出し4 ZDR045WLとZDR043の違いを比較!どっちがおススメ?まとめ

以上、ZDR045WLとZDR043の違いを紹介しました。違いは以下の3点でしたね。

  • WiFi対応の有無
  • 液晶の明るさ調整の有無
  • 運転支援機能の数

ZDR045WLはWiFi対応や液晶の明るさ調整、運転支援機能など、使い勝手や操作性に優れたドラレコです。録画映像をスマホで簡単に確認したり共有したりできますし、液晶画面の明るさを変えられます。また、運転支援機能が豊富にあるので、安全運転に役立ちます。ZDR045WLは、WiFi対応や運転支援機能などの機能性や便利さを重視する方におすすめです。

ZDR043はWiFi対応や液晶の明るさ調整など、使い勝手や操作性が簡単なドラレコです。録画映像を確認するにはドラレコ本体かパソコンが必要で、共有するにはSDカードを抜いたり挿したりする必要があります。また、液晶画面の明るさは固定されているので、見づらい場合があります。さらに、運転支援機能が少ないので、シンプルに使用できます。ZDR043は、WiFi対応や運転支援機能などの機能性や便利さをあまり求めない方におすすめです。

どちらも高画質なFull HD録画やGPS搭載、駐車監視モードなど、基本的な性能は同じですし、コムテックというメーカーの品質も信頼できます。どちらを選ぶかは、自分の目的や条件に合わせて検討してください。

コメント

error: Content is protected !!